コーヒーと妊活とハーブティーと

週末、友達と会っていました。

「子どもが欲しいんだ。」

コーヒーにしてもカフェインがないものにして、少しでも体に優しいことをしようとしている様子。

「妊活中に、妊娠中にコーヒー、紅茶などのカフェインが多いものを飲んでもいいですか?」

よく頂く質問です。

私の答えは、条件付きでYESです。

問題はどれくらい飲むか、ということ。

すでに数々の研究結果があるように、カフェインには中枢神経を興奮させて、精神状態を興奮させたり、不眠になったり、呼吸を抑制したり、頻脈など、様々な作用を引き起こします。

また、カフェインは分子が小さく、胎盤を通して胎児に移行すると考えられるので、過剰摂取で、流産や早産を引き起こすとの報告がありますが、まだわかっていないこともたくさんあります。

日本ではカフェインの過剰摂取の基準が定められていませんが、WHO(世界保健機構)では1日の摂取量を300mgまでとしていて、アメリカでは200mgまでを推奨しています。

これは、コーヒーに換算すると1日2杯弱。

身近な飲み物のカフェインの量は次の通りです。

コーヒー 100〜150mg/1杯
紅茶 75mg/杯
緑茶やウーロン茶 50mg/杯

紅茶はコーヒーの半分、緑茶はコーヒーの1/3と覚えましょう。

少量のカフェインは、集中力が増加したり、リラックス効果があるとの研究報告もあります。

1日1杯までの
コーヒーは妊娠中に頑張っている自分へのご褒美にして。

アロマテラピーではその香りでリラックスできますよね。

コーヒーもいい香りを楽しみましょう。

コーヒーの美味しいカフェにいったら、やっぱり飲みたいですよね。

カフェインは意外と身近な飲み物や食品、医薬品にも入っています。

仲良く付き合いたいですね。

身近な飲み物では、お水はもちろん、麦茶、ほうじ茶がカフェインレス。

そして、HERBAL Laboのオススメは、なんといっても、ハーブティー。

マテなどのカフェインを含むものや、妊娠中に控えたほうが良いハーブもありますが、ハーブティーは香りを楽しんでリラックスする意味でも、ビタミンやミネラルなどを補給するのにも、大変役立ちます。

HERBAL Laboの妊活応援ブレンドとして飲める「WOMEN バランス①」は、

ローズレッド、ラズベリーリーフ、ネトル、ローズヒップ

のハーブをバランスよく、ブレンドしています。

香り高く、女性の心と体に親和するローズレッド。

生理周期の乱れやPMS(月経前症候群)の不快な症状がある方など、ホルモンバランスの乱れを整えるといわれるラズベリーリーフ。

葉酸や鉄などのビタミン、ミネラルを豊富に含み、ベビ待ちの体に必要な成分を補給し、体の巡りを良くするといわれるネトル。

ビタミンCを豊富に含み、その形状からも「ビタミンCの爆弾」の呼び名があるローズヒップ。

ネトルはシングルでは飲みにくいとの方もいらっしゃいますが、ブレンドだと飲みやすくなります。

ちなみに、「安産のハーブ」ともいわれるラズベリーリーフ。妊娠初期にはおすすめできないので、妊娠がわかったら、飲むのをやめてとっておいて、後期になったら飲んでくださいね。

1日の飲み物のうち、まずは1杯をハーブティーに変えてみませんか?

HERBAL Laboでは、カルテで、お買い上げ頂いたハーブティーや、アレルギーや味の好み、妊娠授乳などの情報を管理しています。

前回と同じ、といったようなオーダーにも対応可能です。

ぜひ、ご利用くださいね♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です