【レポ】2016.06.24:タイ料理とハーブコーディアルのレッスン

今日は、お友達で、三鷹市のお隣、武蔵野市でアロマテラピーのお教室 Botanical Garden をされている小川高根先生が、レッスンに来てくれました。

リクエストによる、プライベートレッスンです。

お家で作れる「簡単」(ここがとても重要!!)タイ料理と、真っ赤なハーブコーディアルのレッスン。

私がInstagramやFacebookでアップした写真を見てくださって、リクエストを頂きました。

私は料理は得意ではありません。

料理の先生ではありません。

私が作るタイ料理は、等身大の家庭料理。

今回のタイ料理は、私がバンコク駐在中に習ったレシピを参考に、日本でも簡単に、「気合い」を入れなくても作れるレシピを作りました。

選んだメニューは、日本でも大人気の豚肉のガパオライス(バジル炒め)とトムカーガイ(ココナッツミルクの酸っぱいスープ)。

材料を切る。

 
この茶色い鉢は、クロックといって、食材を叩いて潰す、すり鉢のような道具。

 
タイハーブも解説しながら、日本での入手方法なども説明。

高根さんの美しい手(笑)

 
トムカーガイを煮ています。

この後の味見で、「おいしい!」と言っていただいて、「もう一回味見していいですか?」なんて(笑)

どうぞ!

高根さん、可愛すぎるっ!

あっという間に、完成!

 
予想されていた以上に簡単だった、簡単なのにおいしくできた!とお褒めいただき、喜んでもらえて嬉しかったです!

タイ料理が大好きな方なので、それを聞いてほっとしました。

トムカーガイは初めて召し上がられたとのこと。

酸味があり、私の周りのバンコク駐妻には、タイ料理で一番有名な定番スープであるトムヤムクンよりトムカーガイが好きという方がほとんど。

トムカーガイ用の復習ハーブはお土産に。

ぜひ佐藤家の簡単タイご飯をご家庭の味の仲間入りさせてくださいね!

次回は、ゲーンチューサライタオフー(海苔と豆腐のスープ)のリクエスト。

何と合わせようかな〜〜♪

ずぼらでもできる簡単タイご飯(笑)のレッスンは、今のところ、定番化は考えていませんか、リクエストがあれば、考えます。

そして、実は、ハーブコーディアルも同時進行で作りました。

真夏におすすめ、ローズ香る真っ赤なコーディアル。

コーディアルは、イギリスのハーバリストに伝わる、ハーブを使ったシロップです。

生活の木やカリス成城でもおいしいコーディアルが買えますが、自分でハーブの組み合わせを考えるのも楽しい!

中身がわかって安心!

 
ハイビスカスやローズヒップが入って、美肌効果が期待できる、女性が大好きな組み合わせ。

友人や生徒様にも好評の自慢のレシピです。

こーんなにたくさんのハーブを使います。

 
途中トラブルもありましたが(笑)、無事、おいしいコーディアルが完成!

炭酸水割り、紅茶に少し、デザートにかけたり、色んな楽しみ方があるコーディアル。

コーディアルはご自宅で生徒様とも楽しんで下さいね。

そして、コーディアルのレッスンもお土産つき。

HERBAL Laboでは、習ってからしっかり復習して自分のものにすることが大切と考えています。

コーディアルのレッスンは、リクエストで開講しています。

今、夏の冷え対策にしたいポカポカジンジャーのハーブコーディアルを試作しています。

完成したら告知しますね!

実は、高根さんとは、NARDアロマテラピー協会の認定校開校の同期。

三鷹、吉祥寺のアロマテラピー界は私達が盛り上げます〜〜♪♪

ご近所の先生をライバル視する先生がいるけど、それは損。

好きなことが同じって、ほんとに楽しい。

今日も話が尽きませんでした!!

おいしそうなシフォンケーキのお土産も頂戴して、ありがとうございました!

 

Follow me!