【レポ】5/26:精油とハーブで作る緑の薬箱④

5/26のレッスン。

『精油とハーブで作る緑の薬箱』④のレッスンを開催いたしました。

④では、旅先で多いトラブルに、どのようにアロマを取り入れるか、胃腸トラブルにおすすめの精油などのお話をしています。

 

いつもと違う場にいけば、楽しさもあり、ストレスもある。

そんなとかにも、自分らしくいられるサポートをする、精油たち。

精油は原液のままでは引火性もあり、持ち歩きにくいことも。

アロマスプレー、トリートメントオイルやバーム。

旅先に持っていきやすいようにクラフトにしていくのがオススメ。

 

さて、この日のハーブティは、なにかさっぱりしたものを〜、とのことで、ペパーミントとカモマイルジャーマンのブレンドを。

ペパーミントとカモマイルジャーマンを2:1でブレンドした、通称ベビーティーは、ドイツでも子供向けの風邪などの症状に用いられるものです。

喉や鼻がすっきりしない、とのことで、すっきりした飲み口のものを御用意させて頂きました。

 

この日に、緑の薬箱レッスンを全6回終わられたT様。

「医学の知識なども交えて、楽しくレッスンを受けました!」

とご感想を頂きました。

3か月に渡り、ありがとうございました。

 

レッスンの後には、「実は、薬箱のレッスンを改良するつもりなんです」、とお話しすると、いろんなアイディアを下さって。

今、練り直しているところ!

6月中旬より、5名様ほど、モニター価格にて、新「緑の薬箱」レッスンを募集させて頂く見込みです。

新しいカリキュラムでは、より自宅で実践しやすい内容に特化しています。

どうぞお楽しみにっ!

 

HERBAL Laboの生徒様は、アドバイスをくれたり、励ましてくださる方がたくさん。

いつもありがとうございます。

T様、お造り頂いた、スキンケアクリームがなくなる頃に、またお会いできるのを、楽しみにしています。

Follow me!