Wミントティー

春らしい気候になってきましたね。

時々、昼は暑いくらい。

お庭の多年草のハーブの元気が出てきました。

虫が苦手なので、ガーデニングも主人任せだったのですが、今年はハーブくらいは自分で管理したいなと思い、毎日、庭を見る時間を作っています。

まず、こちらは、ペパーミント。

 

細長くて、ギザギザした葉が特徴。

精油や、ハーブティーとしておなじみですね。

我が家には、ミントがもう一種類。

こちらは、スペアミント。

 
ペパーミントより、ころっと丸い葉が特徴です。

スペアミントは、お菓子に飾ったり、お料理に使うイメージです。

私の大好きなタイ料理でも、ラープや、ナムトックといったサラダには、スペアミントを山のように使います。

スペアミントをハーブティーにすることもありますが、私には、清涼感がペパーミントより弱く、青臭い感じがします。

ミントは交配しやすいので、ミント同士植えると、交雑種が生まれてしまいます。

一緒に植えることはできません。

ペパーミントも、スペアミントとウォーターミントが交配したものです。

また、ミントは地植えにしてはいけないとも言われます。

その繁殖力の強さから、近くにいる植物を駆逐してしまい、お庭がミントだらけになってしまいます。

ミントは地下茎で増えるので、駆除も大変だそうです。

以前に、ハーブを使ったお庭の施工をされている業者の方に聞いたのですが、ミントを地植えにしたい場合には、植木鉢ごと植えると地下茎がそれ以上広がらずに良い、ということでした。

不思議なのですが、冬の間、ペパーミントはほとんど葉をつけずに枯れたような状態でしたが、スペアミントはいつも青々としていました。

耐寒性の違いがあるのでしょうか。

面白いです。

茂ってきたら、摘芯を兼ねて、葉を摘みます。

この日は、お庭のローレルとレモングラス、ペパーミントとスペアミントのフレッシュハーブティーとして飲みました。

 
庭仕事のご褒美ですね。

 
これから暖かくなるので、いろいろなハーブを育ててみたいと思っています。

うちのお庭にはないけれど、和ハッカ、別名アルベンシスミントも、日本では北海道の北見などでの名産品として有名ですね。

ペパーミントとアルベンシスミントの精油とハーブウォーターは、HERBAL Laboにも置いてあります。

ぜひ、井の頭教室で香りをお試しくださいね♪

Follow me!