アレルギー性の咳と痰のためのハーブティーブレンド例

オリジナルブレンドハーブティーの作成例です。

アレルギーの咳や痰にお悩みで、病院で薬をもらっても、すっきりと治らないというご相談でした。

海外の都市部にお住まいで、空気の汚れも原因の一つとしてあげられるかもしれません。

体が異物を認識して、アレルギー症状が起こる時、肥満細胞という細胞から、くしゃみや咳といったアレルギーの症状を起こす原因となるヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンなどの物質(ケミカルメディエーター)が放出されます。

これらが肥満細胞から放出されるのを抑える薬、またこの様な物質が受容体にくっつくことで症状が起きるので、受容体とくっつかないようにする薬、といった作用機序を持つアレルギーのための薬が販売されています。

カモマイル・ジャーマン、ペパーミント、エルダーフラワー、ウスベニアオイ。

カモマイル・ジャーマンは、炎症を抑える作用があり、辛い症状のストレスをやわらげてくれることを期待して。ただし、ブタクサアレルギーの方には症状をひどくする可能性があるので、用いないで下さい。

ペパーミントは、l‐メントールの香りのさわやかさで、鼻やのどをすっきりとさせます。

エルダーフラワーは、フラボノイドの働きで、ヒスタミンの遊離を抑えると言われており、アレルギー症状の緩和が期待して。

ウスベニアオイ(ブルーマロー)は、粘液質が多いハーブなので、咳が出て、敏感になったのどの粘膜をやさしく保護します。

このほかにも、咳はビタミンCを消費するので、ローズヒップを取り入れるのも良いですし、体の巡りを良くして、体質を改善する目的で、ネトルもおすすめです。

カレンダー

Follow me!