一獲千金?!

昨日のこと。

ネットサーフィンをしていると気になる記事発見。

海辺で拾った「巨大な石」に実は約800万円の価値があった

記事の見出しを見た時に、ビビッと、「あ、アンバーのことだな」と思いました。

やっぱりそうでした。

アンバーこと、龍涎香(りゅうぜんこう)は、マッコウクジラの腸内にできる結石です。

(上記記事リンクより、画像をお借りしています。)

香料の原料として大変貴重なもので、高級な香水に入っていたりしますが、現在ではアンバーのような香りの合成品がほとんどです。

昔はクジラ狩りで手に入ったようですが、今は禁止されているので、なかなか手に入らず、こんなふうに海岸に流れ着くそう。

それにしても、大変貴重なもので高価!

私も本物を一度見てみたいな。

触り心地はベトベトするそうですが、、、

Follow me!