タンポポコーヒーの焙煎

お友達が、「タンポポコーヒーを飲み始めた」とFacebookで書いていたのをみて。

ちょうど彼女に会う機会があったので、前日にタンポポコーヒーを焙煎しました。

ハーブの名前は、ダンディライオン。

焙煎前の写真です。↓

 
効率よく焙煎できるように少し粉砕します。

 
焦げないように調節しながら慎重にフライパンで炒る。

最後に、細かくします。

 
炒り具合は、何度かやるとお好みができるかな~。

ドライハーブの水分の含有量によっても、炒る時間は変わってきますしね。

出来上がったら、コーヒーを淹れるように。

小さじ1杯で、コーヒーマグカップ1杯分。

 
まるで、色はコーヒー!

私はソイラテにして飲みました。

 
ダンディライオンは苦み(苦味質)が強いハーブ。

苦味質は、胃腸の機能を活発に整えたり、胆汁の分泌を促進して、体の老廃物排泄に役立ちます。

私は苦いのが苦手ですが、不思議と苦みが苦にならずに飲める時がある、、、、

そんな時は、消化器系が疲れてるんです。

ダンディライオンは、タンポポコーヒーとして妊婦さんや産婦さんの健康飲料としても飲まれています。

ノンカフェインですし、母乳の分泌をよくすると言われています。

さて、お友達に渡すタンポポコーヒー。

こんな風にビニールに詰めて渡しました。

タイにいったことある人なら見たことあるかな~、この結び方。

 
屋台でご飯をテイクアウトすると、もれなくこのスタイルなのです。

なつかしいな。

Follow me!