容器の再利用

生徒さんからよくいただく質問に、「精油が入っていた瓶や、クラフトを入れていた容器は再利用できますか?」というのものがあります。

サステナビリティを考え、私もできるだけ再利用したいと考えていますが、衛生的に使い捨てるものもあります。

 

再利用するものの例

1.精油が入っていた瓶、トリートメントオイルが入っていた瓶。
ガラス瓶の場合、しっかりと洗いやすいので、においが残りにくいです。一方、ドロッパーとキャップはにおいや色が残ってしまうことが多いので捨てて、新しいキャップを使います。キャップは必ずしも手に入らないことがあります。精油と無水アルコール、竹串を使って、ミニディフューザーにしても楽しいです。

2.クリーム容器
口が広いものだと洗いやすく、便利です。

3.スプレー容器
本体のにおいはとれやすいものの、ノズル部分はどうしてもにおいが残ります。洗った後に、消毒用エタノールを入れて、スプレーを繰り返すことで、多少緩和することができます。ノズル部分だけ、別売りで買えることもあります。

 

再利用しないものの例

1.ロールオン容器
ロールオン容器は油を入れますし、容器自体が細いので、ブラシが入れにくく、ロール部分もきれいにしにくいので、使い捨てます。

2.リップクリーム用スティック
形状からしても、洗いにくく、また、口元に使うもので、体内に入りやすいので、使い捨てます。

 

容器の洗い方

精油が少量残っている瓶には、無水エタノールを入れて、アロマスプレーやディフューザーの材料にしたりすると、瓶のべとつきが取れます。また、バスオイルを入れてもすすぎやすくなります。

40~50度のぬるま湯2Lくらいに、食器洗い洗剤小さじ1、重曹大さじ1程度を溶かします。その中に、汚れた容器を1晩漬け込み、翌日、ぬるま湯ですすぐだけで、油汚れが取れます。

そのあと、ガラス製のものは煮沸消毒して、乾燥させて、消毒用エタノールを吹きかけ、乾燥させます。煮沸消毒できないものは、水気を切ってから、消毒用エタノールを吹きかけ、乾燥します。

スプレーのノズルには、水が残るので、消毒用エタノールを容器に入れて、何度もプッシュして、中もしっかりとすすぎます。

 

限られた資源ですので、容器一つにしても再利用できたら地球にやさしいですね。

以前に、古くなった精油を無駄にしない方法についてのコラム(→「古くなった精油の使い方」)を書いています。こちらもぜひ参考にしてください。

 

レッスンカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

受講希望のレッスン、日時をご記載の上、下記フォームよりお申込下さいませ。

    ~ご予約・お問い合わせ~

    お名前(必須)

    お名前フリガナ(必須)

    メールアドレス(必須)

    お電話番号(必須)

    ご住所(初回は必須)

    郵便番号

    都道府県

    市区町村

    市区町村以下

    ご用件

    受講希望レッスン

    受講希望日
    第一希望
    第二希望
    第三希望

    お子様をお連れですか?:

    メッセージ・備考

    正常に送信された場合には、自動返信メールが届きます。

    もし自動返信メールが届かない場合には、お手数ですが再度お試しになるか、info★herballabo.com または、herbal.labo★gmail.com まで、直接メールして下さい(★を@に変えてください)。

    キャリアメール、フリーメール(Gmailなど)をお使いの方で、こちらから返信しても届かずメールが帰ってきてしまうことがあります。その場合は、迷惑メールフォルダを確認し、届いていないか確認してください。もし届いていない際には、herballabo.com のドメインを受信許可して下さい。

    Follow me!