ドクダミの異臭と魅力と活用

5月になると、緑が多い散歩道や庭の雑草として茂ってくるドクダミ。

ドクダミと言えば、葉っぱをちぎると、大変な特徴的な香りというか、異臭(笑)がするのを思い浮かべる方が多いでしょう。

でも、ハーブを習っている人にとっては、季節の嬉しい恵みかも?

薬学部の学生時代に、ドクダミについて習ったことはありましたが、私もハーブを習うようになって、改めて、ドクダミの存在感と有用性に魅了された1人です。

私の出身地の岐阜では、身近にありふれた野草でしたし、東京でも私の家のそばの玉川上水などでは、かなりの量のドクダミが生い茂っています。

ドクダミは、地下茎で増えるので、地上部に出ている部分を草として抜いても、完全に除去するのは難しく、抜いても抜いても生えてくるので、厄介だとおもっている方も多いのでは。

しかも、ちぎれると、アノ香りがしますしね。

ですが、ドクダミは、日本では古来から「十薬」という名前で、「日本三大民間薬」の一つとして挙げられていて、重宝されてきました。

ドクダミのプロフィール

・学名: Houttuynia cordata
・使用部位: 全草
・和名: 重薬、十薬
・主要成分: デカノイルアセトアルデヒド、クエルシトリン(葉)、イソクエルシトリン(花穂)など
・主な薬効: 利尿、抗菌

ドクダミの葉っぱは丸みを帯びたハート型。学名のcordataは、ラテン語で「ハート型の、心臓形の」という意味を持つそうです。

和名のドクダミの名は、「毒や痛みに効く」から「毒痛み」になったという説や、「毒矯み(毒をためる=なおす、矯正する)」から来たという説など、他にもいろいろな説があります。

中国語では魚腥草、英語ではfish mintといって、魚の生臭さから名前がついています。

生薬名の重薬はドクダミを陰干ししておけば重宝することから、十薬は十の薬効があるからという由来があるそうです。

こんなに薬効があって、役立つと知ったら、ドクダミがハーブのお宝の山に見えてきたりして?!

 

私の庭に生えているドクダミはほんの少しでしたので、チンキと、ドライのハーブを作りました。

ドクダミの特有な匂いのデカノイルアセトアルデヒドは、強い抗菌作用を持っていますが、乾燥したら酸化して、その薬効も失われます。

ですが、クエルシトリンやイソクエルシトリンといったフラボノイドは揮発しないので、チンキにしておくと、活用できます。

といった成分は、ハーブを勉強していると、ふっと聞いたことがある成分なのでは。

利尿作用、毛細血管の透過性を減少させる作用、抗炎症作用などを持ちます。

クエルシトリンは、ドクダミが開花する時に成分の含有率が高まるので、ぜひ、開花している時にドクダミを摘んでみてください。もう今月いっぱいかな?

 

ドクダミチンキのレシピ

今回は、摘んだ量から、こんなレシピになりました。

~花~
・ドクダミの花 5g
・ウォッカ(40度) 40mL

~葉~

・ドクダミの葉 10g(瓶に入れやすいように、ちぎる)
・ウォッカ(40度) 100mL

~作り方~

1.ドクダミの地上部を切って、たっぷり溜めた水+流水で汚れを流す。庭にあるものといっても、砂がついているので、使う前に洗いましょう。ゴシゴシ洗えるものでないから、犬の散歩コースになっているようなところの方はやめておきたいですね。

2.洗ったドクダミは、水気を切って、束ねてつるして、1日干す。あまり長く干すと、含有成分に変化があるので、水気がしっかり切れるくらいで十分です。

3.水気が取れたら、葉と花を摘み、煮沸消毒しておいた瓶に詰める。(葉と花を一緒につけても問題ありません)

4.分量のウォッカを注ぎ、蓋をする。花や葉の量がこれよりも多い場合には、必ず、ひたひたに浸かるだけのウォッカを加えてください。

5.1日1回、瓶を良く振り、抽出を促します。

6.1カ月後に、濾して、煮沸消毒した清潔な容器に入れて、出来上がりです。

補足)
・漬け込むアルコールの種類
ウォッカ(40度)の替わりに、ホワイトリカー(30度程度)でも可能です。ただし、クエルシトリンやイソクエルシトリンなどドクダミの有効成分は水溶性成分が多く含まれるので、あまり度数が高いアルコールは抽出効率が下がるのでお勧めできません。また、度数の低いアルコールは、保存に向きませんのでこちらもお勧めできません。

・毎日振らなければいけないか?
液面からドクダミがはみ出していない場合には毎日振らなくても大した影響はありませんが、出ているようなことがある場合には腐敗防止の働きがあります。

・濾し方
私は、コーヒー用のドリッパーとコーヒーフィルターを使っています。濾す前にドリッパーもウォッカを染み込ませたキッチンペーパーでふき取ると、長期保存のため安心です。

 

ドクダミのチンキの利用法

出来上がったチンキは、ドクダミの異臭が消えて、ちょっとフルーティー?フローラル?な感じを思わせます。

・飲用
小さじ1杯程度(お好みで加減)をお茶やお水、お湯などで希釈して飲みます。

・入浴
大さじ1~2杯程度を入れて薬草風呂を楽しみます。

・ローション
小さじ1~2杯(5~10mL)のチンキを、精製水を足して、100mLまで薄めます。お好みで、保湿成分のグリセリンを5mLまで添加します。

 

このほか、ドクダミは干してドライハーブにしたら、ハーブティーにもできます。

また、蒸留してハーブウォーターを作ってもいいですね。

私はドクダミの蒸留はしたことがないですが、市販のドクダミウォーターはとてもフルーティーでいい香りで、初めて嗅いだときは驚きました。

ドクダミウォーターも、炎症を抑える効果が期待できそうなので、夏のあせもや、にきびなどの炎症が多い方にも良いかもしれません(肌に合わない時はやめてくださいね。)。

他にも、料理研究家の友人は、ドクダミの根っこ(おそらく、地下茎だと思いますが)を、辛そうな炒め物にしていました。

中華料理でそういったお料理があるそうで、ぜひ食べてみたいです!!!!

お庭にドクダミがある皆さん、厄介な雑草だとは思わず、日本の古来のハーブとして、注目していただけたら嬉しいです。

 

引用、参考書籍

・生薬単(改訂第3版)

 

HERBAL Labo のレッスンカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

受講希望のレッスン、日時をご記載の上、下記フォームよりお申込下さいませ。

    ~ご予約・お問い合わせ~

    お名前(必須)

    お名前フリガナ(必須)

    メールアドレス(必須)

    お電話番号(必須)

    ご住所(初回は必須)

    郵便番号

    都道府県

    市区町村

    市区町村以下

    ご用件

    受講希望レッスン

    受講希望日
    第一希望
    第二希望
    第三希望

    お子様をお連れですか?:

    メッセージ・備考

    正常に送信された場合には、自動返信メールが届きます。

    もし自動返信メールが届かない場合には、お手数ですが、再度お試しになるか、info@herballabo.com または、herbal.labo@gmail.com まで、直接、メールして下さい。

    最近、キャリアメール、フリーメール(Gmailなど)をお使いの方で、こちらから返信しても届かずにメールが帰ってきてしまうことがあります。その場合は、迷惑メールフォルダを確認し、届いていないか確認してください。もし届いていない際には、herballabo.com のドメインを受信許可して下さい。

    Follow me!