川芎の味比べ

先日、生薬の卸さんから「川芎」の見本を頂きました。

当店で採用している品と、産地だけでなく、「修治方法」といって、植物の状態から薬として使う状態にする加工方法も違うと。

当店で今使っているのは、左で日本産の3回茹でて干した物、右は中国産の茹でずに干した物。かじって味見したら、中国産の方の苦味がすごい!香りもかなり強く、セロリのような香りです。

この二つ、かなり味が違うので、実際使う量でどれくらいの体感が違うか実験のため、この川芎を使って、漢方薬を作って煎じてみました。

川芎を使った処方で、当店で最もよく出る「当帰芍薬散」を作って、煎じて比べてみました。

そのままかじった時に感じたように、やっぱり中国産を使った方がかなり味が濃い!

処方にしてもかなり味が違いました。

当帰芍薬散は煎じ薬でお出しすることが多いのですが、出典の傷寒論では生薬を粉にした散剤という剤型になっています。当店では、当帰芍薬散の粉薬は自家製で作っています。

粉薬は他に五苓散、四逆散を自家製で作っています。五苓散と四逆散は頓服でさっと飲みたいことが多いので、手元においておける粉薬もとても便利です。

当店の漢方相談は、こちら をご覧下さい。

 

イベントカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

下記フォームよりお申込下さいませ。

    ~ご予約・お問い合わせ~

    お名前(必須)

    お名前フリガナ(必須)

    メールアドレス(必須)

    お電話番号(必須)

    ご住所

    郵便番号

    都道府県

    市区町村

    市区町村以下

    ご用件

    お申込内容

    希望日

    第一希望
    第二希望
    第三希望

    メッセージ・備考

    正常に送信された場合には、自動返信メールが届きます。

    もし自動返信メールが届かない場合には、お手数ですが再度お試しになるか、info★herballabo.com または、herbal.labo★gmail.com まで、直接メールして下さい(★を@に変えてください)。

    キャリアメール、フリーメール(Gmailなど)をお使いの方で、こちらから返信しても届かずメールが帰ってきてしまうことがあります。その場合は、迷惑メールフォルダを確認し、届いていないか確認してください。もし届いていない際には、herballabo.com のドメインを受信許可して下さい。

    Follow me!