【レポ】2017.04.14:精油とハーブで作る緑の薬箱⑤

こんにちは!

薬に頼る前にできる、アロマとハーブのお手当てを、薬剤師が教えます。

東京都三鷹市にある
「もっと楽しく、もっと使える」
アロマテラピーとハーブのスクール
HERBAL Labo(ハーバルラボ)

主宰 ハーバリストの サトウカナです。

ブログにご訪問頂き、ありがとうございます★

 

精油とハーブで作る緑の薬箱⑤」のレッスンを開催しました。

{8FB1D5CE-EC92-43F6-AD35-76EC705FEE12}

 

⑤は、女性のライフステージで経験する、PMS、生理痛、更年期障害といった、女性ならではのトラブルに、精油とハーブの力を借りて乗り切ろうというテーマ。

40代の生徒様。

更年期なのかな〜〜という感じで、深刻なお悩みはないようでしたが、PMSや更年期障害のしくみなどはとても質問をたくさんいただいて、難しいお話にも脱線してました。

そういえば、あれも、これも、更年期障害なのかしら。

そうおっしゃっていたのが印象的。

更年期障害の症状は多岐に渡りますし、程度も人それぞれ。

自分がそうだと思えば、間違いないでしょうね。

(血液検査で客観的に診断もされます。)

「のぼせ・ほてり」、「PMS」、「むくみ」のトリートメントオイルをお作りになりました。

塗って使うだけでなく、香りを楽しむことも、精油の力を味方につけるポイント。

精油は、大脳辺縁系の扁桃体という、快・不快を感じる部分に、ダイレクトに届きます。

「この香りはリラックスできる香り」と言われても、あなたが嫌いな香りでは、リラックスできませんよ〜〜

またお使いいただいた感想、質問があれば、お聞かせくださいね。

今回のハーブティーは、「花粉症がまだある」とおっしゃっていたので、ネトル、エルダーフラワーと合わせて、ペパーミントを多めに。

 

{747810AE-CC4A-4FB6-B0FE-74150359624A}

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。