貨幣状湿疹のアロマテラピーでのお手当て

★以下、貨幣状湿疹の患部の写真をたくさん含みますので、気持ち悪いと思われる方は見ないで下さい。

初めて気づいたのは1月。

息子の右肩に貨幣状湿疹。

貨幣状湿疹とは、10円玉くらいの大きさの湿疹が1個~いくつも現れ、とにかく強いかゆみがある湿疹です。

こすれやすかったり、服に覆われている部分にできることが多い。

原因は、皮膚の乾燥が多いようですが、細菌感染などの場合もあるそう。

1つできると、近くの部位にもできやすいし、難治性です。

とにかくしっかり治さないと全身にできることがあるようです。

※ 他の人に移るわけではありません。

1週間ほど、なかなか治らないなぁ~と思っていたし、保育園の先生にも指摘されたので気にしていたのですが、とにかくかゆい様子。

お風呂上がりに患部にクリームなどを塗っていましたが、よくなったり、悪くなったりで、全く完治の気配がない。

丸くコインのように周りの皮膚との境界線がはっきり、時々赤く粒々が盛り上がって、乾燥した皮膚がぽろぽろ落ちてきます。

病院の薬物治療では、ヒルドイドなどの保湿のローションや、抗ヒスタミン剤の内服や軟膏、ステロイド軟膏が処方されます。

2週間ほど、1%濃度の私のフェイシャル用のゼラニウム・エジプトとラベンダー・アングスティフォリアのブレンドオイルを使ってみましたが、治る気配もないし、ようやく、高濃度のアロマテラピーでのアプローチをすることに。

選んだオイルは、リトセア、ラベンダー・アングスティフォリア、カモマイル・ジャーマン、ブラックスプルース。

リトセアは、テルペン系アルカロイド類を多く含み、抗ヒスタミン作用をもつので、かゆみの対策に。

ブラックスプルースは、モノテルペン炭化水素類を多く含み、コーチゾン様作用を持ちます。

「コーチゾン様作用」とは、ステロイド剤の副腎皮質ホルモンのコーチゾン(コルチゾン)が分泌された時と同じ状態にさせる作用のことです。

この作用から、炎症を鎮めることを期待。

カモマイル・ジャーマンは、精油の青い色の成分であるカマズレンが炎症を鎮めてくれることを期待。

香りが独特ですが、私は少量使うことでも効果を実感しています。

最後に、ラベンダー・アングスティフォリアは、モノテルペンアルコール類を多く含み、抗菌抗ウイルス抗真菌作用を持つので、貨幣状湿疹に細菌や真菌が関与している場合も考えて入れてみました。

この場合、掻き壊しもあったので、同じラベンダーであるラベンダー・スピカも、ケトン類を含み、瘢痕形成作用があるので、傷を治すにはとても良いと思いました。

ですが、寝る前をメインに使うし、香りのまとまりを考えて、ラベンダーアングスティフォリアにしました。

短時間で治したかったのと、直径3センチの範囲という狭い範囲だったので、3歳の息子ですが、5%のメディカル濃度にしました。

ジェルナチュレ 10g
リトセア 4滴
ブラックスプルース 2滴
カモマイル・ジャーマン 2滴
ラベンダー・アングスティフォリア 2滴

上の写真では、精油を混ぜる前なので、ジェルが透明ですが、すべて混ぜると、カモマイル・ジャーマンの青色に由来した、水色のジェルができます。

このレシピで、朝と入浴後の最低1日2回、昼も家にいる場合にはさらに1,2回塗りました。

塗り始めた初日。

ジュクジュクして、汁が出て、皮膚のはがれがあります。

この部分だけ、周りよりも盛り上がっています。かなり痒みが強いようでした。↓

 

あっという間に、かさぶたができて、汁がなくなりました。↓

かさぶたがはがれて、かゆみがおさまってきました。↓

 

かさぶたがはがれて、丸い部分の色が赤から茶色に変化、少し盛り上がりが減りました。↓

 

再び、かさぶたになり、はがれてきました。全く痒くなくなりました。↓

かゆがらなくなったので、何回か塗り忘れました。

かゆみがぶり返して、思い出したように、少し引っ掻いたようです。

むりやりかさぶたがはがれたところが赤くなっています。

ですが、全体的に盛り上がりがほぼ平らになりました。

引っ掻いた部分がむけています。↓

引っかき傷にかさぶたができました。周りはほぼ平らです。↓

そして、かさぶたがはがれた頃。すっかり治りました!!!!↓

あまりの効果に驚きました。

2週間保湿していたのに治らなかったのですが、ジェルを塗りだしてから、10日程度でこの状態に。

もっと早くためしてあげなかったことにとても後悔しました。

かゆかったのにごめんね!

注)
私は薬剤師で、一般的に貨幣状湿疹に使われる薬剤を理解し、ステロイドのメリット、デメリットと言われることも考慮して、自己責任のもと、アロマテラピーでのケアを試しました。同じような症例の方で、このレシピを試しても治らなかった、悪化した場合でも一切責任は持てません。フランス式アロマテラピーを勉強されたことがない方が、安易に高濃度に希釈した精油を使うことは危険です。
また、私は西洋医学を否定していません。ご自身でアロマテラピーでのケアをされる場合でも、一度、医師に診断をしてもらうことをお勧めします。

このように、精油の成分から導き出された作用から、症状に合わせた精油を選べるようになるのが、NARDのフランス式アロマテラピー。

NARDのアロマテラピーを基礎からしっかり学んで自分のモノにするには、アロマ・アドバイザー取得コースがお勧め。

HERBAL Laboは、NARDの認定校の中でも数少ない、医療従事者から直接アロマテラピーを学べるスクール。

心配事も一つずつクリアに。

HERBAL Laboならではの試験までのサポートで、とことんわかるまで教えます。

また、紙で理解できるだけでなくて、使うことに重きを置いているので、精油の使い方の紹介、少量からの販売、購入後のアドバイスもお任せ下さい。

NARD認定アロマ・アドバイザー取得講座の受講をご希望の方には、1時間の無料相談会を実施しております。

ご希望の日時をお知らせくださいね。

一緒により実践的なアロマテラピーを勉強しましょう!

NARDアロマテラピー協会認定アロマアドバイザー取得講座→click

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です