コーヒーの香りがもたらす効果

仕事帰り、夏休み中の主人と待ち合わせて、気になっていたカフェに行ってきました。

同僚に聞いた、面白いカフェ。

ワッフルコーンにコーヒーが入ってサーブされます。

コーンがふやけていくので、割と慌てて飲まないといけないのは難点(笑)ですが、見た目もかわいくて、コーヒーとチョコとコーンの組み合わせもスイーツ感覚なのは楽しい。

コーヒーゼリーもオーダーしました。

アイスクリームは、バニラ、チョコミント、黒ゴマから選べます。

@新高円寺: Coffee Cone Tokyo

 

美味しく頂きながら、カフェインについて考えていました。

ハーブティーを日頃よく飲まれる方って、「カフェインが入っていないから」という理由で選ばれている方が相当数いらっしゃって、コーヒーは避けているという方も多いように思いますが、私自身はコーヒーは大好きです。

8年ほど前、バリバリ働いていた頃には会社にコーヒーサーバーがあったりして、ひどい時には1日6~7杯飲むようなカフェイン依存症だったかも。さすがに飲み過ぎですね。

カフェインの害は、中枢神経興奮作用だったり、薬との相互作用だったり、すでに科学的に証明されていることもありますが、コーヒーを毛嫌いするにはもったいない。

コーヒーが好きな方には、コーヒーの香りを嗅いで、リラックスできたり、やる気が出たりしますよね。

それで、思い出したのは、杏林大学の古賀教授でした。

古賀先生は精神科医で、香りがもたらす脳への研究をされている有名な先生で、アロマテラピーを勉強されている方にも良く知られている先生です。

アロマテラピーの良さと言えば、嗅覚の作用を利用して、大脳辺縁系を直接刺激できること。

大脳辺縁系の、快・不快を判断する扁桃核、記憶を司る海馬などを刺激し、自律神経系、免疫系、内分泌系のクロスリンクに作用して、不調に働きかけることができると言われています。

2011年のものですが、古賀先生が行った、コーヒーの香りが脳にどのように作用するのか、という研究結果と考察のサイトです。

http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/doctor/health69-2

以下、上記リンクを端的にまとめたものです。

コーヒー豆の種類によって、リラックス作用があるものと、ないものがある。

α-派が多い方が、つまり赤い部分が多い豆ほど、リラックス効果が高いと言えます。「グアテマラ」、「ブルーマウンテン」が多いですね。

人の集中度を図る指標になる、P300という脳波を計った結果が以下。

物事を見極めたり聞き分けたりするときに出る脳波で、「情報処理能力」をあらわす。

P300が出るまでの時間が短い程、能力が高いので、「ブラジルサントス」、「マンデリン」、「ハワイ・コナ」が高いことが分かります。

これをまとめた図。

リラックスに飲みたいコーヒーと、作業のお供に飲みたいコーヒーが違うと言うことですね。

アロマテラピーにおいても、同様にα-波とP300を研究され、リラックスならラベンダー、リフレッシュならレモン、という記載があります。

面白いですね。

こういうお話を読むと、気持ちの切り替え、シーンに合わせて、コーヒーやアロマテラピーを上手に取り入れるヒントになりますね。

改めて、コーヒーの過剰摂取には気をつけながら、楽しもうと思いました。

最後に、、、、

南米のハーブである「マテ」にも、カフェインが含まれます。同時に、ビタミン、ミネラルも多いので、「飲むサラダ」とも呼ばれる、とても元気になるハーブですが、マテ茶ばかりを1日何杯も飲むのはあまりおススメしませんよ~~。コーヒーやウーロン茶ほどのカフェインは含有していませんが、「ハーブティーはノンカフェイン」と思っていらっしゃる方へのメッセージでした。

以前のコラムの、「コーヒーと妊活とハーブティー」にも、カフェインについて記載しておりますので、ぜひ、合わせてご覧下さい。

 

 

 

《現在募集中の講座》

★NARD JAPAN認定アロマ・アドバイザーコース

NARD JAPAN認定アロマ・アドバイザー資格取得コース


メディカルアロマテラピーとも呼ばれる、フランス・ベルギーで親しまれるアロマテラピーを現役の薬剤師から学べます。学んですぐ使える実践力をつけることを重視しています。

 

★NARD JAPAN アロマテラピー・ベイシック5

NARD JAPANアロマテラピー・ベイシック5


アロマテラピー初心者から親しめる、1回完結のレッスン。NARD JAPANのアロマ・アドバイザー資格をお持ちの方にはさらにアロマクラフト作りの幅が広がります。

 

★はじめてのメディカルアロマテラピー

はじめてのメディカルアロマテラピー


香りを楽しむことはもちろん、精油を健康に役立てたい方にとっての第1歩を踏み出すためのお手伝い。

 

★精油とハーブで作る「緑の薬箱」

精油とハーブで作る緑の薬箱


精油とハーブを日常のヘルスケアに取り入れるアイディアを紹介。ちょっとした普段のトラブルに使えるアロマクラフトを作り、精油の香り、精油に期待される作用、使用時の注意などを学びます。

 

その他にも様々なレッスンを提供しております。レッスンメニューをご覧下さい。

 

 

 

Follow me!