【レポ】2016.02.27:花粉症対策レッスン

2/27のご予約は、「花粉症対策ハーブティーとアロマクラフト講座」でした。

テーブルがごちゃごちゃ散らかってます、失礼します(笑)

 
この講座では、どうして花粉症が起こるのか、一般に行われる投薬治療を学び、ご自身で、花粉症がつらい時にお鼻やのどのあたりに塗れるジェル、花粉症の症状に合わせたハーブティーを作ります。

ジェルでお選びになった香りは、レモングラス、アカマツ・ヨーロッパ、サイプレス。

テルペン系アルデヒド類のゲラ二アールとネラールは抗ヒスタミン作用をもち、鼻水やくしゃみの症状の緩和が期待できるので、こちらがたくさん入った精油としてリトセアをおススメしました。

けれど、最近、リトセアをお買い上げになられたところでしたので、違うものがいいとのこと。

ユーカリ・レモン、レモングラスを嗅いだ結果、レモングラスを選択。

ユーカリ・レモン、いい香りなのですが、虫よけに多く使われることもあり、どうも今、余り欲してこない、、、、

私もです。

次に、アカマツ・ヨーロッパはモノテルペン炭化水素類を多く含み、コーチゾン様作用があります。

コーチゾン様作用とは、アレルギー性疾患の治療に用いる副腎皮質ホルモン(ステロイド)が分泌された時と同じ状況にさせる作用。

花粉症の症状がひどい時にはステロイド剤が投与されます。

アカマツ・ヨーロッパのほかにも、ブラックスプルースもおすすめの精油です。

サイプレスもモノテルペン炭化水素類を多く含み、うっ滞除去作用や抗炎症作用がありますので、鼻づまりやのどの違和感などにも効果が期待できますね。

今、なかなか強い症状が出ていらっしゃるとのこと。

ジェルはたたく様に塗れば、メイクの上からも塗れてしまうので、気づいた時に、お鼻の下などに塗ってみてくださいね。

ハーブティーもたっぷり50gのお持ち帰り。

25~30杯程度の量です。

1度にたくさんよりも、1日2、3杯として、分けて飲んで頂くのがいいですが、まずは、いつものコーヒー、紅茶を1杯だけ、ハーブティーにしてみてください!

体質を改善するには時間がかかりますが、立ち上る蒸気と香りを嗅ぎながらハーブティーを頂くことで、症状が楽になりますように。

3杯飲んでも3週間程度の量があります。

もっと続けたい方は、

15g 500円
50g 1500円

で、ブレンドハーブティーを販売しておりますので、お申し付けください。

100g以上、シングルハーブの販売をご希望の方はお問い合わせください。

ご参加、ありがとうございました。

またお会いできるのを楽しみにしています。

Follow me!