エビのうまさを引き出すミックスハーブ

先日、友人との築地散策で買った戦利品。

 

 

 

 

 

 

15cmくらいかな?の有頭エビ、1本100円!

きっと塩味にシンプルに焼いて食べても、美味しいのは間違いないのですが、私の大好きなエビのお料理にすることにしました。

ケイジャン・シュリンプというお料理。

確か、アメリカで初めて食べたと思うのですが、アメリカ南部ルイジアナ州の郷土料理と言われています。

ジャンバラヤが有名ですかね。

映画『フォレスト・ガンプ』に出てくるエピソードから展開しているレストラン『ババ・ガンプ・シュリンプ』(お店のウェブ→こちら)にもケイジャン料理があります。

 

ケイジャン料理は、様々なスパイスが効いていて美味しい!

この料理のポイントは、なんといってもハーブとスパイス。

赤みを引き立てるパプリカを始め、バジル、タイム、オレガノなどのたっぷりのハーブが入っています。

エビを殻付きのまま下処理して、ハーブをあえて、焼くだけの簡単なのに豪華なお料理に。

ケイジャン・スパイスの調合はたくさんありますが、ご自宅でも作りやすいレシピをまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

 

★ケイジャン・シュリンプ★

(お皿が逆ですね、笑)

《材料》(4人分)
・有頭エビ(15cm程度) 8尾
・白ワイン 又は 酒 大さじ2
・オリーブ油 大さじ1

 

●ケイジャン・ミックス
・パプリカパウダー 小さじ2
・粗挽きブラックペッパー 小さじ2
・バジル 小さじ1
・タイム 小さじ1
・オレガノ 小さじ1
・ローズマリー 小さじ山盛り1
・ローリエ 5枚
・カイエンペッパー 小さじ1(粉唐辛子)
・天然塩 小さじ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①エビの殻をつけたまま、背わたをとり、水で良く洗う。水気をキッチンペーパーでふき取る。白ワインを振りかけて、15分程度おく。

 

②ケイジャン・ミックスを作る。全てドライハーブを使用しています。

ミルがあれば、塩以外を粉砕して、最後に塩を混ぜます。ミルがない方は、ローズマリーとローリエは、パウダータイプのものを使って下さい。

 

③エビに、②のミックススパイス 小さじ2(好みで加減)、オリーブ油をかけて、油を引いたフライパンや、グリルで、エビの殻がこんがりして、火が通るまで焼きます。我が家のグリルでは両面焼きの弱火で8分程度です。

この時、耐熱皿にエビを入れて、白ワインをかけて〜オリーブ油をかけて、というところまで済まして、グリルで焼き、食卓にそのまま出すと、洗いものが少なくてすみますよ!

空いている場所には、ミニトマトやアスパラ、ズッキーニなどを置いて、一緒に焼くとグリル野菜も一緒に頂けます。

ライムやレモンを絞って、頂きます〜〜!!

 

実は、市販のハーブソルトやミックススパイスって、化学調味料が入っていることが多いのですが、自分で作れば中身が見える。

作ってみたい方は、ぜひお声かけくださいね♪

 

《現在募集中の講座》

★NARD JAPAN認定アロマ・アドバイザーコース

NARD JAPAN認定アロマ・アドバイザー資格取得コース


メディカルアロマテラピーとも呼ばれる、フランス・ベルギーで親しまれるアロマテラピーを現役の薬剤師から学べます。学んですぐ使える実践力をつけることを重視しています。

★NARD JAPAN アロマテラピー・ベイシック5

NARD JAPANアロマテラピー・ベイシック5


アロマテラピー初心者から親しめる、1回完結のレッスン。NARD JAPANのアロマ・アドバイザー資格をお持ちの方にはさらにアロマクラフト作りの幅が広がります。

★はじめてのメディカルアロマテラピー

はじめてのメディカルアロマテラピー


香りを楽しむことはもちろん、精油を健康に役立てたい方にとっての第1歩を踏み出すためのお手伝い。

★精油とハーブで作る「緑の薬箱」

精油とハーブで作る緑の薬箱


精油とハーブを日常のヘルスケアに取り入れるアイディアを紹介。ちょっとした普段のトラブルに使えるアロマクラフトを作り、精油の香り、精油に期待される作用、使用時の注意などを学びます。

その他にも様々なレッスンを提供しております。レッスンメニューをご覧下さい。

Follow me!