ハーブの力をぎゅっと集めたチンキ

皆様はチンキってご存知ですか?

ハーブには、水溶性成分といって水に溶けやすい成分と、油溶性成分といって油にとけやすい成分があります。

ハーブといえば、ハーブティーをまず浮べる方も多いと思いますが、ハーブティーは水でハーブの水溶性成分を抽出したものです。

油溶性成分は、ハーブティーにはあまり溶け出して来ません。

そこで、ハーブの油溶性成分を取り出す方法の一つに、チンキがあります。

ドライハーブにひたひたにエタノールを注いで、たまに振ってあげて、1ヶ月。

十分に成分が抽出されたら濾します。

免疫力をあげるといわれているエキナセア。

こちらは漉す前。

 
ウォッカでつけてあるので、飲み物に数滴垂らして飲んだり、薄めてうがい薬としても使えます。

こちらは、ローズマリーのチンキ↓

ローズマリーは、「若返りの水」とも呼ばれるハンガリアンウォーターにも使われます。

こんな緑色〜〜

 
飲むだけでなく、化粧水にしたり、クリームにしたり、できます。

なんといっても、チンキのいいところは、

薄めるだけですぐ使えること!

保存が半年〜1年できること!

ハンガリアンウォーターについても、チンキから作ることができます。

夏の紫外線が気になるこの時期、ぜひおすすめしたいコスメです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です