象のはな子さんの献花

先週の木曜の5/26(木)、井の頭自然文化園の象のはな子さんが亡くなりました。

 

我が家も随分、はな子さんに会いに行っていたので、献花に行きました。

 

いつも並ぶほどは混んでなくて、こじんまりした動物園ですが、かなりの人。

それだけ、たくさんの人に愛されていたんですね。

かつて殺人象と言われた時期もあり、絵本にもなったはな子さん。

ここ最近は外国で、狭いコンクリートの場所で過ごしていてかわいそうだから移すべき、とか意見も出ていたようですが、移したところで、人が勝手に元の飼育場所から連れてきて、展示してるのには変わりない。

人間でも引越しはかなりの負担。

長年、暮らしてきて、慣れている場所で静かに余生を迎えて欲しいな、と思っていました。

アジア象のはな子さん。

「タイから来た象のおばあちゃん」と言って、子供たちはとても身近に感じていました。

娘は折り紙で折ってきた花束を献花。

 

はな子さんがいたところは、花束の山でした。

 

はな子さんに手紙をかくコーナーがあったので、「娘に書こう」といったら、「嫌だ嫌だ」と号泣し始めて。

「帰ろう」といったら、はな子さんにお別れしたくなかった様子。

本当に好きだったんだね。

心を込めた手紙を置いてきました。

Follow me!