【レポ】2017.06.09: NARDアロマアドバイザーコース⑥

薬に頼る前にできる、アロマとハーブのお手当てを、薬剤師が教えます。

東京都三鷹市にある
「もっと楽しく、もっと使える」
アロマテラピーとハーブのスクール
HERBAL Labo(ハーバルラボ)

主宰 ハーバリストのサトウカナです。

ブログにご訪問頂き、ありがとうございます★

 

6/9は、NARD認定アロマ・アドバイザー資格取得コースの第6回のレッスンでした。

嗅覚がどのように脳へ伝わるか、香水を構成する香りのノートなどを学びます。

オーデコロンの発祥、「4711」の逸話も交えながら。

 

 

 

NARD認定アロマ・アドバイザー資格取得コースの⑥の実習は、香水作り。

その日の気分、どんな時につけて、どんな気分になりたいか、など、イメージを膨らませながら、香りを構成して行きます。

「甘いけれど、甘すぎず」

「香り立ち早く、残りにくい」

「朝につけたい」

「空気になじみそう」

「ネロリを主役にしたい」

どうしようかな~とおっしゃっていたのが、次々とヒントになるキーワードが出てきます。

最初は、今、気になる香りを選んでもらうと、12本ほどお選びになりました。その後、私との会話の中で、ご自身で、これを引き立てたいな、とか、ワクワクしながら、6種まで絞り、ブレンド。

ネロリを主役に、プチグレン、ローズ、ゼラニウム・エジプト、ミルラ、パチュリを使われました。

甘すぎず、さわやかで、クリアな香りができました!

 

香水の名前をつけてもらっているのですが、今回は時間がなく、、、

また次回、どんなお名前になったか伺いますね♪

2,3週間寝かせて、香水の出来上がり!

きっと大好きな香りになっていることでしょう。

レッスン後のご感想をメールで頂戴し、ありがとうございました。

作成した香水は、大好きな香りのバランスになり、大満足です。お花のやさしく深い香りが残りますね。心をそっと癒してくれそう、穏やかに前向きに過ごせそうなイメージです。時間とともにどんな香りになるのか、先が楽しみです。名付けておきます。
本日は、午前が緊張感のある仕事でしたので、講座のおかげで頭と気持ちが軽くなりました。ありがとうございました。

 

 

NARD認定アロマ・アドバイザー資格取得コースは、随時、生徒様を募集しております。

まずは、説明会から。

HERBAL Laboの雰囲気。

通えるかな?

どんな先生かな?

カリキュラムは?

12回の長いコースになりますので、いろいろ疑問を解決して、納得してからお申し込み下さい。

医療従事者も多く学ぶ、NARD認定アロマアドバイザー資格取得コースについて⇒こちら

無料説明会について⇒こちら

Follow me!