【レポ】第1回:ハーブに触れる遠足

9/25。

この所、雨が降り続く毎日でしたが、久々の晴天に恵まれました。

HERBAL Laboとして初めての、「ハーブに触れる遠足」を開催しました!

皆様、とっても食いしん坊の方が集まりました。

今回伺ったニイクラファームさんは、西東京市の田無駅から徒歩7分という、都市型農家。

住宅街の中に、パッと広がる農地。

西武新宿線の電車の音が聞こえます。

日本の農地の平均1.5ヘクタールほどの農地で、東京では広いほうに入るそうです。

150〜200種類の農作物を育てておられ、うち半分はハーブだそう。

正直、この広さでそんなにたくさんの種類があるの!!とびっくりしました。

ハーブは「ツマモノ」であり、一度にたくさん必要とされるものではないけれど、細かいオーダーが入るもの、例えば、見た目、大きさ、香りだったり。

都市近郊のハーブ農家さんは、様々なレストランからの需要があり、小ロットからでもこだわりのものが出せるからこそ、成り立つ商売だそう。

田舎のハーブ農家は、ラベンダー畑のように、景観を楽しんだり、観光客によるその場での消費、大量ロットで出荷して加工製品にする、など、全く役割が違う。

昨今、パクチーブームなど、ハーブが日本でも身近になってきましたが、絶対に受け入れられない人もいるというお話も印象的でした。

新倉さんは、日本に入り、歴史が短いものなので、食わず嫌いの側面もあるでしょうが、ハーブを受け入れられる体かどうかは、人により違うのだから、「嫌いなら嫌いでいい」という考えでした。

精油やハーブの効能を知り、効能から選ぶことも大事ですが、精油やハーブを日々使っていると、「ハマる」と感じるものが日によって違うことがあり、私は本能で選ぶことをとても大事にしています。

ただし、はまりすぎて、極端に使うことでアレルギーを引き起こさないように、あえてそのハーブを使わない期間も設けます。

本能に任せて精油を選びたい時、右脳が働くように、私は左手で精油を選ぶようにしています。

思ってもみないような精油を取ることもあるけれど、意外とはまります。

さて、農園の様子です。

新倉さんの説明を聞きながら、ハーブの摘み取りも。

アップルミントにとまった、てんとう虫にほっこり。

新倉さんイチオシの、ベルガモットオレンジミント。

本当にベルガモット精油のような香りがします!

これは、デザートや、なんといっても、モヒートに合うとのこと。

こちらの機材は、トレンチャー。

耕す範囲はとても狭いけれど、深さ1mも耕せる機材だそう。

元の土の上に、状態の良い赤土を運んできて、1m積んで、10年かけて、土壌改良したそうです。

樹齢30年のローズマリーは、触れるだけで、精油がたっぷり指につくほど。

他にも、レモンバーベナ、ローリエ、レモングラス、バジル、セージなど、いろいろなハーブを見せてもらいました。

新倉さん、貴重な体験をありがとうございました。

今回とても好評でしたので、リクエストがあれば、HERBAL Laboの生徒様向けにも開催したいと思います。

観光農園ではないので、なかなか1人では行きにくいと思いますし、興味が同じ方たちと行くと楽しいですよね!

農園から、ランチに向かい。

新倉さんのお取引先の「レストランけんぞう」さんにて、ランチしました。

写真がないのだけど、ジャガイモの冷製スープが美味しかった!

ポークフィレも!

お友達のお魚のスズキも美味しかったみたい。

なんとも楽しい遠足でした。

他にも気になる農園があるので、またこのようなツアーを企画したいと思います。

夕食には、いただいたハーブで、タイ料理のラープ・ガイサップ(鳥ひき肉の香味和え)を作りました。

大量のスペアミントで!

ベルガモットオレンジミントのモヒート、スペアミントのモヒート、パクチーのモヒート。

3種類飲み比べ!

どれも美味しかったけれど、ベルガモットオレンジミントは、独特の香りで、高級なリキュールみたい。

苦味が出るので、普通のモヒートのレシピの半分の葉の量にするのがオススメです。

ローズマリーのリース。

もっとたくさん葉があると、もっと豪華になりますが。

いい香り〜!!

料理に使って、余った茎と汚めの葉っぱ。

お茶パックの袋にいれて、お風呂に。

ハーバルバスにして楽しみました♪